毎回文句を言われるので、そろそろ対策を考えないと

私は、ずっと前から、週に一回、仕事で使う資材の発注を担当しています。
基本的なやり方や在庫量というのはそれほど変えていないのですが、最近、妙に発注に文句を言われるようになりました。
発注のたびに「在庫を持ちすぎではないか」とか、「本当に必要なのか」とか、そういうコメントが返されたりするんですよね。
私としては、必要だから発注しているわけだし、過剰な在庫を持っているというような認識もありません。
そもそも、同じような感じで私の前の担当の人からずっと続いていたのに、どうしてこのタイミングで文句をつけられるようになったのかがわかりません。
確かに、在庫を抱え過ぎたりするのは良くないし、なるべくならぎりぎりで回せるのが良いのかもしれません。
でも、そうすると急なトラブルのときに対応できなかったり、在庫を切らしてしまうという可能性があったりします。
そうなると困るので、ある程度の在庫を持つようにしているのに、そこに疑問符をつけられると、こちらとしても困ってしまいます。
ここのところ、毎週嫌がらせのように文句を言われているので、そろそろ何か対策を考えなければならないかもしれません。

毎回文句を言われるので、そろそろ対策を考えないと

ゲームソフトをダウンロードで購入できるという便利な社会になりました。

インターネットの利用でますます日常生活が豊かになっていますが、ゲームソフトも最近ではインターネットを活用してダウンロードすることで購入することができるようになりました。以前は、パッケージを家電屋さんなどで購入するという方法でしたが、これにはたくさんの問題点がありました。ゲームソフトを取り扱っているお店が限られていて、売っているお店を探すのに苦労したという経験もされた方が多いのではないでしょうか。また、せっかく見つけたゲームソフトを売っているお店で人気のゲームソフトが売り切れになっており在庫切れで次回入荷まで購入できないということも多いと思います。こういった、問題点が、インターネットを活用してダウンロードで購入できることになって解消されたと思われます。しかも24時間いつでも自分の好きな時間に購入できますので、お店が開店するのを待つとか並んだりする手間を省けます。ダウンロードで購入することだけがよい方法とは限りませんが便利になりました。

ゲームソフトをダウンロードで購入できるという便利な社会になりました。