お昼の金星を見極める手立てを教えたパーソンがいました。

 とうにあれからかなりの月日が経ちました。ある日の昼過ぎの事項でした。とある人物が中学たちにグランドで教えたことがあります。それはお昼の金星を探る技でした。あたいはたまたま立ち会ったのですが、教えたのは近くに住む「星を見極める会」という会の会長君でした。
 その人は十人物くらいの中学の輪の中にのぼり、にこやかに空を指さし、金星の場を皆に示しました。指を使ってその場を探る技を皆に言いつけました。親指と人差し指を伸ばしてその人が教えた向きに対し、一種2つ三つと空を見積もるのです。
 歓声がのぼりはじめました。中学たちがその人の教えた方法でお昼の金星を見つけたからだ。あたいにも見えました。ちっちゃなちっちゃな、まったくお昼の月々のような金星がきちんと見えました。アンビリーバブルでした。みんなの歓声の中で、その人はうれしそうでした。あれこれもうれしがりました。そして私もおんなじでした。その星のすさまじさは輝いている折より凄まじく感じられました。何気無い経験をすることができました。その感激は長く続きました。キレイモ パックプランとは

お昼の金星を見極める手立てを教えたパーソンがいました。